馬鹿な事をしているけれど、そうせずにはいられない。もっと他のやり方もあるかもしれないのに、苦しみから安易に逃れようとしているだけなんだろうか。